パチンコ 店長

パチンコ 店長

悪いけど頼むわね」それから、しばらく頭上で、次々に組み合わさっていく瓦礫を見つめ続ける

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 ある
見上げたり雑談したりしていても一向に完成しそうにないのでミシカはタズマエが降ろした荷物の上で寝てしまった

美射も飽きたようで、荷物の中からカメラを取り出して、中のデータを眺めながら「ふーむ、ふむふむ

そうかー人体って 不思議だなー凄いなー」とチラチラとタズマエをその隣のディヌズマを煽り始めたので、俺がサッとカメラを取り上げてタズマエに渡しておく

「ちょっとーディヌズマちゃんの美しい肉体を みんなで観賞しようかと……」ディヌズマが真っ赤になってタズマエの背後に隠れ「ま、待てミイ

それはダメだ

 それは止めてくれ……」「えー資料画像だからもう公共のものですよー? 神になりませんよー?」「くっ……」ディヌズマが真剣に考え込みだしたので「お前、いい加減にしないと、シズカ姫と俺の軍団との 戦争になるぞ……」山口も苦笑いしながら「鈴中、それはやりすぎだろ」「でもーディヌズマちゃんもほんとは それを望んでるんじゃないのー?」「ちっ、違う

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 強敵
私は、タズマエにだけならばと……」美射は満足そうな顔をしてサッと黙る

ディヌズマは「あっ」と両手で口を塞いだ

ああ、その発言を引き出したかったのか

要するにタズマエとの仲をこいつなりに気にしていたらしい

あなたも好きかも:功夫淑女 スロット aタイプ
しかしならば、もう少し穏やかにそこまで持って行けないのか

呆れながら横目で、軽くドヤ顔の美射を見つめる

ディヌズマはまた真っ赤になってタズマエの背後に隠れた