高橋 パチンコ

高橋 パチンコ

あなたも好きかも:パチンコ 帰省
 だが、下半身を吹き飛ばされた参謀長に比べれば、こんなものは負傷と称するのもおこがましいだろう

「ナザラト……参謀長ッ!!」 皮膚が音を立てて剥がれるのも構わず、ラエドは倒れ伏した腹心ににじり(・・・)寄った

まだ息があったが、それがもう大して長くないことは一目瞭然だった

「御無事ですか、閣下」 死にかけとは思えないほどに冷静な声音で、ナザラトが言った

「貴官が庇ってくれたのか」 特徴的な眼鏡は、鷲鼻の上から落ちてどこかに行ってしまっていた

あなたも好きかも:アニマル パチスロ
若い頃から近眼に悩まされてきた彼だが、死に望もうという今になっても、その目は砂漠に浮かぶ火産霊《イフリート》を敢然と睨み付けていた

「あのようなものが出てきたのでは、最早私の策は活かせますまい

ここから先の局面は、ひとえに閣下の敢闘精神に掛かっております」「馬鹿なことを! 誰か、衛生兵を……継火手を!」 ナザラトは一見平静な、しかし残った力を振り絞って「なりません」と言い放った

あなたも好きかも:パチンコ ルパン三世 ラストゴールド セグ
「小官は最早歩行不可能であり、じきに意識も消失するでしょう

治療や蘇生は不要です」 その一言は、今までラエドが拵えてきたどんな戦傷よりも深く、彼の胸を穿った

 言うべきことを言ったナザラトは、まさに本人が預言した通り意識を失った

今や何も映さなくなった瞳を閉じ、ラエドは半焼けの老体を立ち上がらせた

指示を求めて集まってきた伝令や部隊長に向けて、彼は声を張り上げた

「全軍、大燈台まで後退せよ!!」

巨頭の夜魔によって第一城郭が破壊された時点で、ラヴェンナ防衛戦の趨勢は決していた