魔王dx パチンコ

魔王dx パチンコ

 事実、ルフィノの話は、その日の内に城に詰めている官僚たちの間に広まるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ ルフィノはその日の夜、早速息子を叱りつけることにした

 ルフィノには息子と娘が一人ずついるのだが、娘にはわざと席をはずしてもらっている

 最初不満そうな顔をした娘だったが、息子を叱るためだと言ったらさっさと自分の部屋へと行ってしまった

あなたも好きかも:スロット 交換率 検索
 嫌な空気になる所には居たくはないという意思表示なのだろう

 きちんと妻には傍にいてもらっている

 まだ妻には息子がやったことの詳細を話していない

 夕食の席でいきなりルフィノが言い出したことに、驚いていたくらいだ

あなたも好きかも:スロット 勝ち続けるには
 一方で、はっきりと叱ると言われた息子は、必死に自分が何をやらかしたのか思い出そうとする表情になっていた

自分が何をやったのか思い出そうとしているようだが、何のことか思い出したか?」 そう切り出したルフィノに、息子は必死に首を振った

 それを見たルフィノは、事の深刻さに内心でため息を吐いた

あなたも好きかも:パチンコ ヴヴヴ
 息子には、自分が何をしたのか本当に自覚さえないのだろう

 それを見て取ったルフィノは、さっさと切り出すことにした

「昨日の学園の放課後の事だ」 その一言で、息子はパッと表情を変えた

「あ、あれはっ! いつも一人な彼女を誘おうとっ!!」 必死に言い訳をしようとする息子をルフィノは片手を上げて制した

集団で脅しを掛けるようなことをしたのにか? まあ、動機自体を責めるつもりはない

問題は手段の方だ」 ルフィノがそう言うと、息子は怪訝な表情になった