札幌 パチンコ コーヒー 求人

札幌 パチンコ コーヒー 求人

「どうしたの流君

昨日、多美ちゃんが言ってたことって嘘だよ?」 きっと脅されたことを気にしているのだろう、と思ったのだが……《……でも、バレンタインデーの時、むちゃくちゃチョコが届いてたって、立花が言ってた》 寂しげな声に、優樹は「ははは……」とぎこちなく笑いながら「立花ー!! 余計なことをーっ!!」と内心怒りに燃える

「で、でも、みんなもたくさんもらってたし

あなたも好きかも:スロット バジリスク4
私の場合、女の子とか多かったし」《……》「な、流君?」《……、好きだっ》「わ、わかってる」 必死な声に優樹は「うんうん」と強く頷いて微笑えみ膝に視線を落とした

「全然心配することなんかないんだからね

……ホント、全然

あなたも好きかも:パーソナルシステム スロット
……全然」 繰り返しながらも視線を落とすその目を細め、次第に表情もなくしていく

 いつもと違っておとなしい気配を疑問に感じたのだろう、反町は《……優樹?》と怪訝に名を呼んだ

あなたも好きかも:パチンコ ポップ
《どうした?》「……ううん

なんでもないの」 すぐに気を取り直して笑みを溢し首を振るが、それで納得する彼じゃない

《なんでもないはずはない

こういうときは絶対なんかあるんだ》 全てお見通し

そんな真剣な口調に優樹はか細い笑みを浮かべ、俯き膝を見つめた

「……ねえ流君?」《ん? なに?》「……ずっと、大事にしてるものって……ある?」 そっと問い掛けると、反町は訝しくなることもなく《大事に?》と繰り返した

そして、《優樹》と、考える間もなく即答され、優樹はキョトンとして頬を赤くする