リリカル パチンコ 保留

リリカル パチンコ 保留

 ……時間が止まったらいいのに……――

 叶わないことだけど、願ってしまう

でも、そう願う度に悲しくなる

 出来ることならこのままずっと一緒にいたい

あなたも好きかも:フルーツ・ス―パー・ノバ 60
ここでずっと……

「――終わったぁーっ」「お疲れさま」 最後の一枚を終わらせた頃にはすでに日も暮れて七時――

優樹は床の上に仰向けに寝転がる反町を見下ろして笑うと、テーブルの上の用紙を手に取った

「じゃあ……採点するからちょっと待っててね」 勉強机に戻る彼女を目で追い、反町は「あっ……」と軽く体を起こした

あなたも好きかも:堺 鉄砲町 パチンコ
「優樹、そろそろ帰らないと……」「大丈夫

お母さんにはちゃんと流君の試験するって前から言ってあるし、ちょっと遅くなるかもって言ってあるから」 笑顔で首を振りながら勉強机に腰掛けるなり採点を始める

反町は眼鏡を外してテーブルに置くと、少し目元をマッサージしながら天井を見上げた

「……それ、ホントに模擬試験のつもり? ……なんだか本気で試験受けさせられてる気分だった」「難しかったでしょ?」「優樹が言うから大したことないと思ってたんだけど……油断したね」 苦笑気味の声に、優樹は採点しながら目を据わらせる

あなたも好きかも:パチンコ 打ち方 左打ち
「少しは、そう簡単にはいかないってわかったでしょ?」「点数は? どうだった? ……まぁ、満点は期待しないけど……、それでも悪くはないだろ?」「んー……どうだろうね……」 優樹は問題と答えを見合わせながら赤ペンを動かす

「……流君、得意と苦手なのとがすごく分かれてる気がする」「……