東十条 スロット

東十条 スロット

引き受けた依頼を成功させ、クライアントから報酬を受け取る毎日を送っている筈なんだが、時には以来の最中に戦った敵の残党などに逆に命を狙われることもある

だから親父はギルドの拠点があったネイリンゲンに家を建てず、離れた森の中に小さな家を建てたんだろう

 ネイリンゲンの街中に家を建てれば、何者かに襲撃された時に俺たちを守りながら戦わなければならないし、下手をすれば人質に取られる危険性がある

あなたも好きかも:あすかの部屋 スロット
だから離れた森の中に家を建てて家族が敵に襲撃される可能性を抹消したんだろう

あなたも好きかも:地獄少女 パチンコ お祭り
 おそらく、ネイリンゲンは何者かに襲撃されたんだ

親父が大慌てでネイリンゲンに向かって突っ走って行ったあの日の朝、街の方からものすごい轟音が聞こえてきたのを覚えている

 引っ越ししてから数日後、親父たちはいつもの私服ではなく迷彩服を身に纏い、どこかへと仕事に出かけていった

あなたも好きかも:ダークソウル 指輪 スロット
親父だけではなく、いつも俺たちを世話してくれる母さんやエリスさんまで迷彩服に身を包み、頭にはヘルメットをかぶっていたんだ

いつもの仕事じゃないということは一目でわかった

 きっと、あれはネイリンゲンを襲撃した奴らへの報復攻撃をするために出かけて行ったんだろう

 今ではネイリンゲンはもう誰も住む事ができない状態になり、危険な魔物が徘徊するダンジョンと化してしまっているらしい

 ダンジョンとは、生息する魔物や環境が危険過ぎるせいで全く調査が出来ていない地域の総称だ