笑うセールスマン パチスロ

笑うセールスマン パチスロ

それを心がければいいかと」「そうだな……できればそうさせてもらう」 どうなるかは公也たちにはわからないが、積極的に関わるつもりはない……もっとも相手側から同動きを見せるかもわからないので難しいところだ

「そういえば魔法道具に関してだが」「あまり話せることは多くない

関わっている身として他者に漏らせることはどうしても……」「普通の人でも知っている話は多少聞いている

売買にカードを作る必要があるとか、魔石を燃料にしているとかな」「ああ、それくらいは知っていますか」「手に入れた魔法道具をいろいろ調べたからな

あなたも好きかも:スロット 鬼武者2
作り方とか色々と気になるところはあるが」「企業秘密です」「俺も別に自分で作れないわけじゃないからそこまで知る必要はないと」「作れるんですか!?」「……厳密には作るのはなかなか難しいけどな

一人で作るとなると簡単なものしか」「簡単な物でも作れれば相当なものだぞ!? いや、あなたはもしかして魔法使いなのか!?」「……今までわからなかったのか?」「少なくとも聞いていませんので」「そちらがわかったりはしないのか?」「魔法使いであればまだわかるかもしれません

魔法道具で魔法使いかどうかの判別を可能とするものもあります……しかし、見て分かれというのは

あなたも好きかも:元旦 パチンコ 回収
あなたの場合剣をもっていることもありますし、そういう方面なのかと」 公也が自分は魔法使いであるというと大分驚かれた

まあ、公也は自分が魔法使いであるとはなかなか思えない見た目、印象である

そこは仕方のないところである……もっと戻悪露いたのは魔法使いであるという事実よりは魔法道具を作れるとかそちらの方面だ

これに関してこの大陸はかなり発展し、そして独占気味である

それなのに他所から来た人物が作れると言われると流石に驚く

「そちらではその技術がどれほど広まっているのですか?」「……いや

魔法道具に関しては俺たちのところでは全然だな

俺と俺の身内が多少詳しくて作れる程度の話だよ」「ああ、そうですか……」 少しほっとしたようである