スターバースト・エクストリーム

スターバースト・エクストリーム

あなたも好きかも:が ろう パチンコ 新台
 その放射能が仲間に牙を剥けば、元も子もないのだから

 それゆえに、絶対に間違えることは許されない

 この力の使い方は、絶対に間違えない

 同じ轍は踏んだが、それ以上踏み続けるわけにはいかないのだから

 第十八章『火薬と日常』 完 第十九章『守護者の代役』へ続く次回より第十九章です

あなたも好きかも:パチンコ まどかマギカ きゅうべえ ボーダー
よろしくお願いします!

新聞紙を広げながら、いつものようにジャムの入ったアイスティーを口元へと運ぶ

ちらりと時計を見上げると、もう少しで7時になるところだった

 そろそろ朝食が完成する頃だな

いつまでも新聞を読んでいるわけにはいかない

俺も何か手伝えるだろうか

あなたも好きかも:新宿 悟空 スロット
 ティーカップを静かに置いて新聞を片付け、リビングの椅子から立ち上がる

そのまま背伸びをして目玉焼きを焼く音が聞こえてくるキッチンの方へと向かおうとすると、廊下の方にある階段から誰かが駆け下りてくるような足音が聞こえてきた

 結構軽そうな足音だから、その足音を発している張本人は幼い子供だろう

「パパ、おはよう」「おう、おはよう」 やがて、廊下からパジャマに身を包んだ赤毛の小さな男の子が顔を出した

炎を彷彿とさせる髪は短く、瞼を擦る小さくて可愛らしい手の隙間から覗く瞳も同じように赤い

一見すると普通の幼い男の子のように見えるんだが、彼の頭と腰の後ろから伸びているものを見れば、彼が普通の人間の子供ではないという事が分かる