ハーデス スロット 新台

ハーデス スロット 新台

 その市の中、ラグネちゃんは露天の串焼き屋を見つけた

よく見れば、かつて連合国フーズヤーズの聖誕祭前祭で見たことのあるものだ

その食べ物を見たとき、この大聖都では毎日がお祭りであるとわかる

「ちょっと食べていこうか

これなら時間もかからないし」「ごちになるっす!」 丁度、お腹の空く時間だったので露天に立ち寄って注文する

 通行人に匂いを嗅がせるために作り置きされたものを買って、すぐに僕たちは歩き直す

あなたも好きかも:ps4 オンラインゲーム 無料
「あー、美味いっす!」 ちなみに僕は一本、ラグネちゃんは十本ほど手に持っている

あなたも好きかも:八女 パチンコ バイト
 肉の欠片を四つほど刺したものなので、かなりの食べ応えがある串焼きだ

他人のお金だからと遠慮しないラグネちゃんを微笑ましく思いながら、隣を歩く

「ほんと一杯食べるね……」「よく言われるっす

ただこればっかりは田舎者と言われようと治す気はないっす」 美味しそうに串焼きを頬張るラグネちゃんを見て、僕は苦笑する

 その年相応の無邪気さのおかげか、胡散臭さは薄れた

少なくとも表面上は――「さっ、そうこうしている内に着いたっすねー

連合国の英雄様を連れてきた騎士として、アピール頑張るっすよー

私の出世道はここから始まるっす!」 周囲を見れば、市民は数えられるほどまで減っていた