エウレカ2 スロット 設定

エウレカ2 スロット 設定

ちょえ、えほん?」 セレスはボクの持つ魔術の本を指差しながら、手を握って来た…手ェちっさ

体温高っ

こいつ、人見知りしないのか…?使用人に心を開かなかったって聞いてるが…

 シャルロットはまだボクを警戒している

あなたも好きかも:ローズテイル パチンコ 評価
だがちゃっかりボクの膝には乗っている…椅子代わりか?「……絵本ではないな

…………読みたいのか?」「んー……うん」 でも読めないよな…

セレスは本を捲りながら、首を傾げるばかり

 シャルロットは慣れてきたのか、ボクの頭のほうによじ登ってきた…落ちるなよ

 というか、こいつら本当に3歳か?ボクの事をじ〜っと見つめるセレスに聞いてみた

あなたも好きかも:福岡 スロット 1のつく日
「なあ…お前、何歳だ?」「たんたい」「単体?」「さんさい、っていってるのよ」 頭の上からシャルロットの通訳が

やっぱり3歳か…自分達の名前分かるのか?「しゃるろっと」「てえうたん」「…なんて?セレスタン?」「ちょう

てえうたん

てーなの」 自分の名前もロクに言えんのかい

 でも一応記憶はあるんだな

父親と母親は?「たまにあう」「そのへん」 …そうか

ん?セレスが胡座をかくボクの膝の上によじよじと乗ってきた

そしてボクの腹に頭を預け、むふーと一息ついた

「…よんでほちいの」「……はいよ

まず魔術の基礎とは…」  セレスはボクが何を言っているのか半分も理解していないだろうが、なんとか聞いている