郡山 パチンコ 評判

郡山 パチンコ 評判

普墺戦後、レーヴェンフェルド将軍は近衛第2師団長となり直後中将に昇進します

しかし前述通り健康上の理由から第一線の指揮官を降板し後方勤務となり、普仏戦争開戦で第四防衛管区(ポーゼン、シュレジェン)総督に推されたのでした

 繰り返しますがレーヴェンフェルド将軍は病気さえ無ければ間違いなく師団か軍団を任されていたはずで、メッスの占領により「座りが良いだけでなく経験豊富な指揮官」が必要となったベルサイユ大本営は、独の勝利は間違いなく本国警備も捕虜の扱い程度となったこともあり、これならば病弱な将軍でも、とフォン・レーヴェンフェルド中将に白羽の矢を立てるのでした

 メッス総督府は、メッスの包囲以来野戦軍が担当していたメッス、ティオンヴィル両要塞にザールブリュッケン~メッス鉄道とその沿線を警備し、同時に未だ監視のみに留まっている仏・白・ル三国国境のロンウィー要塞の重点監視を行うことを主任務とされます

あなたも好きかも:マイクロスロットカー
 メッスに到着し就任の挨拶を終えたレーヴェンフェルド将軍は、最後まで居残っていた第7軍団の後衛から任務を引き継ぎ、今後は独仏対決の象徴ともなる「新国境の要衝」最初の守りに就きました(「オータンの攻防と第7軍団の南下」を参照下さい)

あなたも好きかも:スロット ボンジョビ
ティオンヴィル・11月25日の市場 独後備兵と市民たち※12月1日時点・メッス総督府配属部隊○第72「チューリンゲン第4」連隊;(前・ザール=ルイ要塞守備隊

ティオンヴィルに2個大隊、ザール=ルイに1個大隊)○ゲルリッツ後備大隊○ノイトミスル後備大隊○コステン後備大隊○ノイシュタット・アン・デア・ヴェルテ後備大隊○シュリンム後備大隊○オストロヴォ後備大隊○オッペルン後備大隊○ナイセ後備大隊○ボーテン後備大隊○ローゼンベルク後備大隊○予備重騎兵第2連隊○野砲兵第11連隊「混成砲兵大隊」・予備軽砲第1,2,3中隊○近衛要塞砲兵連隊・第2,4,5,13中隊○要塞砲兵第4連隊・第13中隊○要塞砲兵第7連隊・第7中隊○要塞砲兵第8連隊・第14中隊○要塞砲兵第9「大隊」・第1中隊○要塞砲兵第9「大隊」・第5中隊○要塞砲兵第11「大隊」・第6中隊○第1軍団要塞工兵第2中隊○第3軍団要塞工兵第1中隊メッス大聖堂□メッス要塞配備*歩兵8個大隊半*騎兵2個中隊*砲兵2個中隊*要塞砲兵9個中隊*要塞工兵1個中隊□ティオンヴィル要塞配備*歩兵2個大隊*要塞砲兵1個中隊*要塞工兵1個中隊□ザールブリュッケン~メッス鉄道沿線警備*歩兵1個大隊半□ロンウィー警戒支隊*歩兵3個大隊*騎兵2個中隊*砲兵1個中隊※12月下旬の異動○補充兵大隊8個=本国より○第72連隊=第7軍団へ○ナイセ後備大隊=ロートリンゲン総督府へ○ボーテン後備大隊=ロートリンゲン総督府へ○ローゼンベルク後備大隊=ロートリンゲン総督府へ(前項・兵站総監部と総督府の所属部隊を確認下さい)メッスの独要塞砲兵☆ロンウィー要塞攻防戦 仏白国境東端にあるロンウィー要塞は、アルデンヌ鉄道(メッス~ティオンヴィル~ロンギュヨン~モンメディ~カリニャン~セダン~メジエール~ルテル~ランス)の最寄りより13キロ程度しか離れておらず、しかも積極的に出撃を繰り返す守備隊が構えていました

あなたも好きかも:サン電子 ぱちんこ
 当時ロンウィーは一般住民の人口4,000名、仏ル国境を流れる小河川、コート・ルージュ川がシェール川に注ぐ地点にある古来国境の要衝で、星形綾堡を成す要塞とその外にある市街から成り立っていました

  要塞部分はシェール右岸(西)にあって、この右岸高地の北東端に当たり、この要塞の直ぐ東際は深さ100~130mの谷となっています

シェール川の対岸も急な斜面を作って同じ100m前後の高地を作っており、ここは市街と要塞とを見通すことが可能な場所となっていました

また、要塞を取り巻く森林は市街から隠れて接近可能な遮蔽となっており、要塞に集まるルクセンブルク(北東)、ベルダン(南)、メッス(南東)の各街道は勿論、その他の小街道もよく整備された通行に不便のない場所となっていました

このシェール川の谷には、ロンギュヨンから本線を分岐したベルギーのアルロンへ至る支線も走っていたのです