ソレアリゾート&カジノ

ソレアリゾート&カジノ

「あ、そういえばアイドルで思い出した

前に依頼で会ったアイドル覚えてるか?アイドルっていうかアイドルもどき?」「それを言うなら歌手もどきじゃない?えっと確か・・・森本なおだっけ・・・?」「そうそうそれそれ

この前歌番組に出ててさ、神加はあの人がお気に入りみたいだぞ?歌を口ずさんでた」「へぇ・・・なら奏さんのコネでまた会わせてあげれば?あるいはコンサート?いやライブ?にでも連れて行ってあげればいいじゃない」「そうだな・・・その時は一緒に行こうぜ」「なんで私も?」「だってお前あの人の熱狂的なファンの演技してたじゃんか

俺がいるのにお前がいないのは不自然だろ」別に依頼でもないんだからそんな設定を気にすることはないだろうにと文は思ったが、これも康太と一緒に遊びに行く口実になるだろうとそれ以上反論することはしなかった

実際依頼の中で彼女の熱狂的なファンであるように演技をしたのは事実だ

文もそのことを忘れたわけではないしよく覚えている

握手をしてもらったことも覚えているし、とても快く対応してくれたのを覚えている

今度は依頼などでの護衛ではなく、本当にただの客としてライブを楽しむことができるかもしれない

あなたも好きかも:ぱちんこ 動画 ミリオンゴッド
そんなことを考えながら康太と一緒に遊びに行く計画が増えていくのを感じて文は少しうれしくなっていた

あなたも好きかも:パチンコ 屋 バイト 時給
「なんか遊びに行くついでに神加ちゃんにいろんなものを見せようとしているみたいね

本当にいいお兄さんじゃない」「こういう風に遊びの計画を練って、それで神加に趣味が増えて、人間的に成長してくれたら俺はすごくうれしいと思ってるんだ

あなたも好きかも:マクロス 3 パチンコ ライトミドル
ただでさえいろいろあったからな・・・」康太がほんの一瞬目を細めたのを文は見逃さなかった

何度も何度も見た表情だ

今更どうにもならないことを考えているときの表情だ

文は康太の頭を軽く叩こうとして手を挙げるが、振り下ろすのをやめて康太の頭にゆっくりとその手を乗せて少し硬い髪をやさしくなで始める

「・・・なんだよ」「なんでもないわよ・・・もう何度も言ったことだからもう言わないわ」「・・・変な奴だな」「お互い様よ

むしろあんたのほうがずっと変」変なのはお前のほうだろと言いかけて、康太はその言葉を瞬時に飲み込む

文が今おかしいのは自他ともに認めるところだ