6 月 パチンコ

6 月 パチンコ

全身を銀海老の変化した鎧に頭まで包まれフライパンを持ったセイが怖そうに少し顔を背けて「お、おい……タカユキ、後ろ見ろ……」山口とタガグロは黙って俺の背後を睨み、それぞれ持っているエパータムと、両手のレーザーが出ている短剣を構える

俺は背後をゆっくりと振り返る

あなたも好きかも:パチンコ 離職率
そこには、延々と荒野の大地を包み込む平面の暗闇がはるか向こうまで広がっていた

ここまでは予想の範疇である

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 見分け方
因果律が示した未来の通りだ

ここから先は、全ての未来が混濁していてまったく頭の中にイメージが降りてこなかった

俺は虹色の闘気を纏ったまま完全に背後に延々と広がる暗闇と対峙する

あなたも好きかも:シンフオギア パチンコ 甘 遊タイム
「ど、どこが弱点で、どうしたらいいんだ?」セイが後ろから恐る恐る尋ねてくると数十メートルほど離れた闇の中からいきなり右手が伸びて、いつの間にか肩から消えていた美射が顔を出した

そして「みなさんもどうぞー!中に入る必要があるみたいー!」と素っ頓狂な声をかけてくる

美射の言いたい意味は即座に理解した

物理的な空間でいくら攻撃を加えても意味がないので、荒野へ引きずり出した闇、ノーマンズシャドウの内部へと侵入して、内部から崩壊に導けということだろう

俺は躊躇なく、闇の中へと飛び込んでいく

山口とタガグロも続いてそして、少し遅れてセイも入ってきた

闇の中を四人で降下していくと美射が両手をかきながらこちらへと近づいてきて「えっと、これで支援も望めなくなったと 虚無の王はほくそ笑んでいるかもしれませんが すでにマガノと連携をとって いつでも、この亜空間から但馬たちを連れだせるように していますからーご安心をー」タガグロと山口はホッとした顔をしてセイは周りを見回しながら、後悔している表情でうな垂れる