セイントセイヤ パチンコ st

セイントセイヤ パチンコ st

「……、ねえ、……生美ちゃん……」「ん? なあに?」「……私……、私と、流君って……どう、見える?」「どうって」 生美はキョトンとした

あなたも好きかも:刈谷 スロット 優良店
「付き合ってるように見える」 間髪入れずはっきりと答えられて、優樹は顔を赤くしつつガックリと項垂れた

「何よ? いけないの?」「い、いけない、って言うか……」「だって、そうでしょ? 付き合ってるんでしょ? あんたたちって」「つ、付き合ってなんか、ないよー……」 踏み出す足下と向かい合ったままの情けない声に、生美は顔をしかめた

あなたも好きかも:パチンコ 花の慶次 漆黒 天井
「そんなことないでしょ

だって、朝も一緒じゃない」「……桜を見に行ってるだけだってばー」「付き合ってるから、そういうことするんでしょ?」「……、違うと思う」 少し拗ねるような口調に、生美は更に顔をしかめた

「なんでよ? だって、そういうことになってるんでしょ?」「……

そういうこと? って?」 顔を上げて訝しげに首を傾げると、生美は肩を竦めた

「付き合おうって」 優樹はカーッと顔を赤くして首を振った

あなたも好きかも:パチスロ ウルトラマンt
「そ、そんなことにはなってないよ!」「……

は?」 焦って否定され、生美はキョトンとした

「だって……告られてるんでしょ? 流に」「こっ……」 優樹は目を見開くと、耳まで赤くして、口を一文字に結んで首を振る

「……へ? ……、言ってないのあいつ?」「な、なんのことーっ?」「……

好きだとか、付き合おうとか、言われてないの?」「そ、そんなこと言うわけないじゃないーっ」 半べそ気味に首を振る優樹に、生美は「……ははは」と情けなく笑った

「……な、なるほどね、そ、そう来たか……