カジノ 役職

カジノ 役職

彼女のこの状況把握能力は長年の協会での下積み活動が実を結んでいるのだろうか

学生でありながら彼女の思考は一人前の魔術師に限りなく近い

自分よりも弱い女子にここまで言われてしまったら、あとは船越の気持ち次第だった

雑用なんて死んでもごめんだ

佐々木は序列に興味がないという

ならば自分が一番になって雑用を佐々木に押し付けたらどうだろうかと考えた

あなたも好きかも:スロット 実機 ウェイトカット
自分が雑用をすることなんてない、そんなのは弱い奴の仕事だと考えた瞬間、康太のほうからわずかに殺気のようなものが飛んできているのに気づいた

「ちなみに、与えられた仕事はきちんとやりきってもらうぞ

俺は文ほど苦労してないからあんまり言えた立場じゃないけど、誰かに自分の仕事を押し付けるとかは厳禁な」「・・・な、何も言ってないじゃないですか、なんでそんなこと」「勘だ」康太の勘も捨てたものではない

あなたも好きかも:パチンコ屋 赤ちゃん
長いこと小百合のもとで修業していたのが功を奏したのか、康太の中に眠っていた勘が目を覚ましたのか、船越のわかりやすい反応がそうさせたのか、どちらにせよ康太は船越の考えを的確にいい当てた

そしてそれは文も同様だ

船越は良くも悪くも顔に出やすい性格のようだった

そのためにいったい何を考えているのかよくわかる

あなたも好きかも:トータル・イクリプス スロット アプリ
「康太の言う通りよ

自分に与えられた仕事も満足にこなせないようなら評価はだだ下がりよ

魔術師としては下の下ね」「うぅ・・・わかりました・・・序列上位は佐々木でいいっす・・・」別に言わせたわけではないが、船越としてはそんな雑用よりもしっかりと修業や部活などに精を出したいのだ

そんな些事に振り回されるようなことはない